ニュージーランド留学、語学学校の事ならニュージーランド留学ドットコム。フィリピンとの2カ国留学も完全サポート!

ニュージーランド留学ドットコム

銀行口座の開設方法


ニュージーランドで暮らし始めたら、銀行口座を開設しましょう。

ニュージーランドの主な銀行は、オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ : Australia and New Zealand Bank)、バンク・オブ・ニュージーランド銀行(BNZ : Bank of New Zealand)、キウィバンク(kiwi bank)などがあります。

ANZであれば日本にも支店(東京、大阪)があります。手数料は掛かりますが、日本にいながら現地オークランド支店の口座を開設することができるので大変便利です。

もし現地で開設するのが不安であれば、渡航前に日本で開設することを検討しましょう。

ニュージーランドでは現金を使わず、「エフトポス(EFTPOS)」という買い物で使った代金をキャッシュカードで支払い、銀行口座から直接引き落とされるサービスを利用するのが主流です。日本のデビットカードみたいなもので、コンビニ、レストラン、スーパー、カフェなどほとんどのお店で利用することができます。

銀行口座を開設するとキャッシュカードが郵送されてきますので、銀行に持って行き暗証番号を登録します。暗証番号を登録すればその日からエフトポスを利用する事ができます。

ATMは街のいたるところに設置されており、24時間現金を引き出すことができるので不便さを感じることもないでしょう。

ニュージーランドの銀行は日本と違い通帳がありません。入出金の明細はパソコンで確認するか、希望者に毎月指定住所に口座レポートが送られます。

銀行各社それぞれにいくつかの口座プランがありますので、用途によってどの銀行にするか調べておきましょう。

また、ニュージーランドを出国する際には銀行口座を解約するのを忘れないでください。

銀行の窓口に出向き、解約したいことを告げれば手続きをしてもらえます。キャッシュカードとパスポートがあればすぐに解約できるので、出国前には忘れずに手続きを行いましょう。

銀行口座を開設するときに必要なもの

現地で銀行口座を開設する際に必要なものは銀行によって異なりますが、一般的に身分証明書「パスポート、ビザ、ニュージーランドの運転免許証」などから2種類と住所を証明するもの「公共料金の請求書、学校から届いた書類、学生証、レンタル賃貸契約書」などから1種類が必要です。

住所証明ですが、学校手配でホームステイに滞在される方は学校が住所証明を発行してくれるので問題ありません。また、弊社手配のホームステイの場合も学校に住所を伝え、住所入りの在籍証明を発行してもらえます。

ただ、学校に通わない方はこのような証明書の取得ができません。今までは銀行の規制も厳しくなく、ホステルなどからの滞在証明も受け入れてもらえましたが、最近はこうした事が出来なくなっています。

銀行によっても異なりますが、現在時点で銀行から正式に認めれている方法としては、滞在先の家主が口座を持っている銀行で家主の口座証明と共に家主からの同居証明の手紙を提出する、もしくは雇い主を見つけその雇い主が口座を持つ銀行で口座を開くと行ったものがあります。(※2016年8月時点)

銀行口座は長期滞在であれば必ずと言っていいほど必要となります。そのため、少しの期間だけでも学校へ通い、その間に銀行口座を開設しておくことをおすすめ致します!

※銀行によっては、パスポートと住所を証明する書類だけでOKというところもありますので、口座を開設する前に事前に調べておきましょう。

口座開設時には10~100ドル程度を預金します。

もちろん少額の現金だけ手元において残りを全て預金しても、エフトポスサービスが利用できるので問題ありません。

2018年5月追記 NZ 滞在先証明書について

現地の銀行口座を開設する際、滞在先証明書が必要ですが、銀行開設時に証明書記載の住所と違う滞在先に住んでいる場合、その証明書は使えません。

※留学ドットコムの現地サポートを利用する場合は、銀行口座の開設は通常最初の木曜日や金曜日を予定しております。

よって、最初に滞在するバックパッカーなどは最低1週間位は予約してください。もしくは、引っ越し先の新たなご住所で滞在先証明書を取るかになります。

また銀行開設後すぐに引っ越しをする場合はその旨を届ける必要があります。

口座の種類

ニュージーランドの銀行口座には、主に普通預金口座(Saving Account)、小切手口座(Cheque Account)、定期預金口座(Term Deposit)の3種類の口座があります。

普通預金口座は日本の口座と同様、出し入れが自由な口座です。

家賃等の引き落としやキャッシュカードも作れますので、こちらの口座を開設することをお勧めします。

毎月の口座維持費が3ドル~5ドルかかることがありますが、学生であれば無料、一定額以上の残高があれば無料になる銀行もあります。

口座の種類によってATMでは1日の利用限度額が設定されているので(800ドル~2000ドル程度)、設定金額を超えて引き出すことはできません。

多額の現金が必要な場合は銀行の窓口で引き出すことになります。

銀行によって日本の銀行システムと異なる点も多く、口座プラン、サービス内容もそれぞれ特徴がありますので、事前に各銀行のホームページなどでチェックしてください。自分の目的に一番合った銀行を選びましょう。

資料請求はこちらから

« »

ニュージーランド留学をお考えの方へ留学ガイドブックの資料請求はこちら留学説明会のご案内はこちら

ニュージーランド留学をお考えの皆さまへ

賢く・楽しい留学の第一歩。まずは資料請求と説明会へのご参加を!

留学ガイドブックのご案内

インターネットや留学情報誌には載っていないホンネの留学情報をぎっしり詰め込みました。

留学ガイドブック資料請求はこちら

留学説明会のご案内

ニュージーランドをはじめ、カナダ・オーストラリア等、欧米留学の特徴をしっかりと解説。留学を迷っている方も是非ご参加ください!全国主要都市で好評開催中!

留学説明会のご案内はこちら

お問い合わせはこちらからお問い合わせ・ご相談留学サポートのお申し込み留学ガイドブック資料請求無料留学説明会のご案内無料留学カウンセリング

お問い合わせ

お電話・各種専用フォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL:03-3986-2931
(タップでお繋ぎ致します)

AM9:00~PM6:00(土日祝は休み)

2カ国留学のご案内 ニュージーランド留学現地サポート ホームステイプログラム おけいこ留学
人気学校ランキング

NZで人気の語学学校を生徒様の声とエージェントの目線でランキング!


人気学校ランキングの詳細はこちら


お客様へのお約束

Copyright(C) 2018 株式会社トリプルファースト / ニュージーランド留学ドットコム All rights reserved.

お問い合わせはお気軽にどうぞ お問い合わせ・ご相談留学ガイドブック資料請求NZ留学説明会の参加お申し込みフィリピン留学説明会の参加お申し込みサービスのお申し込み